松野黄金芋(マツノゴールド)とは?

松野黄金芋(マツノゴールド)とは?

フォレストキャニオンでは、今シーズンより松野町の新しい特産品の継承を目指して山芋の栽培を行いました。本日よりHPでの販売を開始致しますので、森の国松野の“山の味”をぜひご賞味ください。

 

【山芋とは?】

日本原産で、山で自生する自然薯の事です。独特な味わい風味などが人気ですりおろして温かいご飯と一緒に食べたりして山里では昔から親しまれてきました。

 

【松野黄金芋(マツノゴールド)とは?】

山に自生する山芋は山中で夏の間ひっそりと地中に根を張り自生しています。これを収穫するのは大変な作業が必要で、山芋を傷つけないように地中深くまで手作業で掘り進める必要がありました。今から約10年程前、森の国で生まれ育った小林健邦さんという方が自然薯を畑で栽培して森の国の特産品に出来ないか?と考えました。森林面積が8割を超える松野町には山芋が大好きな肥沃な斜面がたくさん広がっていました。

小林さんは山からむかごと呼ばれる山芋の種を拾ってきてさっそく栽培に取り掛かりました。斜面の角度、肥料の種類、害獣対策など独学で研究を重ね、森の国松野の新しい特産品が開発されました。

自然薯は昔から山の民に親しまれていて、“究極の野菜”などと呼ばれることもあります。

黄金色に輝くゴールド級の野菜と言う意味を込めて、“マツノゴールド”と呼ばれるようになりました。

 

 

【なぜ栽培を始めたのか?】

10年をかけて出来た森の国の特産品ですが、栽培の難しさや繊細さなどもあり、小林さんに倣ってマツノゴールドを栽培する農家さんはなかなか現れませんでした。

 

今年、弊社に小林さんから声が掛かりました。

アウトドアツアーの閑散期に農業振興にも取り組んでみないかい?

農業もアウトドアみたいなもんやないか?

これまで農業の経験や知識の全くない弊社でしたが、小林さんの思いや自然薯の素晴らしさに共鳴しこのマツノゴールドの種を絶やすことなく次世代に繋げていくために、栽培に挑戦する事を決めました。弊社はアウトドアツアーを行っておりますが、生まれ育った大好きな松野町を盛り上げたいという気持ちを軸に創業された会社です。マツノゴールドを栽培する事はこの事業を行うにあたって十分な“理由”となりました。

 

【栽培に対するこだわり】

もともとは山で自生しているものですから、山の環境にどれだけ近づけるかが重要でした。斜面の角度や畑に入れる土の種類など小林さんの指導も仰ぎつつ、独自のブレンドも行いました。山芋は砂などの水はけのよい土地を好むため、色々な種類の川砂を購入してその上には森の国で育った肥沃な肥料をたっぷりと被せました。

 

【森の国中で販売を後押し】

このマツノゴールドを販売するにあたって様々な地元の方々にご協力を頂きました。松野黄金芋(マツノゴールド)のロゴなどもこの特産品を応援するために無償でご提供いただいたものです。

 

【マツノゴールドの特徴】

マツノゴールドの特徴は粘りが抑えられたさっぱりとした味わいです。自生している自然薯は粘りがひじょうに強く、だし汁などで溶きながら時間をかけてとろみを薄めていく必要がありますがマツノゴールドの場合にはおろし金などですればそのままごはんに掛けて食べることが出来ます。もちろん、天然の自然薯に負けない風味と味もあります。

 

【おススメの食べ方】

だし汁で溶かずに食べられるマツノゴールドですが、すった物に色々な調味料を入れるとバリエーションが広がります。スタッフ一番のおすすめはめんつゆです。程よい旨みとマツノゴールドのとろみが重なって食べるたびに味が染み出てくる飽きの来ない食べ方です。また、東北地方でよく食べられる味噌との相性も抜群です。特にこのマツノゴールドは粘りが抑えられたさっぱりとした味わいが特徴なので、味噌のような主張する風味とよく合います。これまでのいわゆる“自然薯”では想像できなかった食べ方が発見できます。

 

松野黄金芋(マツノゴールド)は下記よりお買い求めいただけます。

森の国松野町の新しい秋・冬の味覚をぜひご賞味ください。

 

↓下記フォームカレンダーより、配送のご希望日を選んで必要事項をご記入下さい↓ 

 

Outdoor tourアウトドアツアー

キャニオニング

ご予約

お支払

ラフティング

ご予約

お支払

サイクルクルージング

ご予約

お支払

WordPress Lightbox